内定者フォロー

 内定者一人ひとりの特性を理解した共感(口説き)の手法を採用し、内定の辞退を最小限に止めます。内定者フォローの良し悪しが単にいわゆる「歩留まり」だけではなくその後の「育成」にも影響すると当社は考えています。

1. 内定の通知(内定の通知から内定者フォローはスタートしています)

 いつ、どのように内定の通知を行っていますか。
 内定者フォローはここからスタートするということを知っていただきたいと思います。

2. 内定者研修(全く新しい内定者フォローの仕組みです)

 内定者研修は「実施の時期」「目的」「対象人数」「参加者のプロフィール」「予算」等々を十分に検討したうえで計画されるべきものです。当社では全く新しい内定者研修をご提案しています。

3. 内定者対応技術指導

 人事担当者として必要な技術や個々人の説得までいろいろな場面への対応をサポートしています

 内定者を確実に入社に結びつけるのには実はコツがあります。また、誰が内定者に対応するかによってもその成果に大きな差が生じます。当社では、効果的な内定者対応を貴社の人事担当者と一緒にサポートいたします。

4. 組織としての取り組みのサポート

 内定者フォローは組織的な課題です。人事部門の担当者だけではなく、ラインも含めた全社的な対応が必要であり、同時に、このことがラインの強化につながります。さらに内定者との間に「共感」が生まれ、将来の戦力化のスピードが早まるのです。

▲ページの先頭に戻る